イタチ駆除をして被害を受けないようにしよう

イタチやネズミによって家族の安全が脅かされる

イタチ駆除の必要性【イタチによる恐ろしい被害】

最近は、都心にイタチが適応できるようになってきました。農作物を荒らすだけでなく、民家に侵入することも珍しくないので気をつける必要があります。ここではイタチが家に侵入してきた時の健康被害について紹介していきます。

家族を襲うイタチ被害

家中がノミやダニだらけになる
近年、イタチが住宅に侵入することが増えてきています。イタチは多くのノミやダニ、雑菌を保有しているので、室内に侵入されると非常に困ります。ノミやダニは多くが吸血性で、イタチ以外に人間の血も吸います。柔らかい肌を好む傾向があるため、子供の肌や女性の肌を狙い吸血するのです。噛まれた部分は1週間程痒みが続きます。またダニの死骸や糞が部屋中に散乱すると、吸引してしまう危険性もあるので注意が必要です。場合によっては、アレルギー反応を起こすことがあるので、赤ちゃんが吸引してしまうことがないように気を付けましょう。
感染症のリスクが高まる
イタチはノミやダニを室内に持ってきて健康被害を発生させます。ノミやダニの他に、イタチの糞も家族に甚大な健康被害をもたらす可能性があるのです。特に免疫が備わっていない子供、健康被害を受けやすいので気をつけましょう。イタチが糞をするポイントは決まっています。大抵は自分の巣の近くに糞をすることが多いです。もし民家に侵入したのであれば、天井裏に巣を作ることがほとんどです。天井裏に糞を大量にし、その糞は夏場になると雑菌を発生させます。その雑菌が子供に感染し、大きな病気へと発展することもあるので注意しましょう。

家族の一員であるペットも被害を受ける

ペットを飼っている人は、ペットを家族同然に思っている人も多くいます。そんなペットもイタチやネズミによって健康被害を受けてしまうのです。ノミやダニはもちろん、人やイタチが感染しないような他の感染症にもかかるため気をつける必要があります。イタチは雑食性で、ペットの餌を狙って侵入してくることもあるので、侵入されないように細心の注意を払いましょう。もし侵入してきたら、イタチ駆除を業者に依頼してください。

TOPボタン