ネズミ駆除をすれば安心して生活できる

イタチやネズミによって家族の安全が脅かされる

ネズミ被害のない住宅にする【家族が安心して暮らすために】

ネズミが家に侵入すると、様々な問題が発生します。ネズミは繁殖能力も非常に高く、また学習能力や適応能力もあるのでネズミ駆除をするのも一苦労です。ここではネズミが侵入しないようにする対策方法などを紹介します。

ネズミ被害を防ぐための3箇条

  • エサのない環境にする
  • 巣作りの材料を与えない
  • 侵入経路をなくす

エサのない環境にする

食品は、放置して置いておかないようにしましょう。ネズミが触れることがないような場所に保管してください。他にも生ゴミが入った袋も、フタが付いた容器に入れてネズミに荒らされないように対策をしておきましょう。

巣作りの材料を与えない

掃除

ネズミが巣を作る時は、ビニール袋やティッシュペーパーを材料にして巣作りをします。ですから、部屋は常に掃除をしておき、ティッシュペーパーや袋が落ちていないような環境作りをしましょう。また衣類も巣を作る時の材料となるのでしっかりと保管しておくようにしてください。

侵入経路をなくす

根本的な対策方法といえば、ネズミの侵入経路を塞ぐことといえるでしょう。ネズミは体が小さいため、小さなスペースから住宅内に侵入することができます。侵入経路をまず探して、その穴を防鼠バテなどで塞いでおきましょう。またネズミ駆除業者に依頼して、侵入経路を塞いでもらう対策をする手もあります。

忌避剤は効果的でも注意する点もある

ネズミなどの厄介な動物を追い払う時に、よく使われるアイテムは忌避剤です。忌避剤を置くだけでネズミが近寄ってこなくなります。煙タイプの忌避剤もありますが、使う時は子供のおもちゃや電子機器などにカバーをして使うように気をつけましょう。忌避剤はネズミ対策に効果的です。しかし、ネズミは学習能力や適応能力が優れた生き物なので、臭いにすぐ慣れてしまい忌避剤の利き目も薄れます。もし忌避剤が効かなくなったのであれば、ネズミ駆除業者に駆除をしてもらいましょう。

ネズミ駆除は早期に行なうと被害も小さい

ねずみ

ネズミを発見するタイミングは早ければ早い方が良いです。ネズミの繁殖能力の高さは既に多くの人に知られています。放っておくとあっという間にネズミが大量発生してしまうということもあるのです。大量発生したネズミを駆除しようとすると、手間も費用も多くかかります。ですから早期対策をするように心がけましょう。

TOPボタン